HILLSONG CONFERENCE

HILLSONG CONFERENCE DAY:FINAL!!

ついに、ヒルソングカンファレンス最終日になりました!

(過去エントリーはこちらから↓)
カンファレンス1日目!
カンファレンス2日目!
カンファレンス3日目!
カンファレンス4日目!

Sydney2007_433

最終日は、朝のセッションからコンバイン・セッション、夕方4時半まで、前の日にオーディエンスのスタンディングオベーションの嵐を受けた、TD・Jakes。

彼の登場で、会場はそれまでになかった最高潮の盛り上がり。

彼が一言しゃべるたびに、会場は沸き立ち拍手と歓声の嵐。

これがまさに”世界レベル”の牧師であり、”世界レベル”のカンファレンスなのです。

7時半、最後のセッションでは、”Anointing Service”といって、私たちのこれからも一年が最高に祝福されるよう、神様からの油注ぎがあるように祈ってもらう特別セッション。

ヒルソングチームとゲストアーティストのイズラエルの奏でる音楽に合わせて、アリーナに集まった26000人が最後の祈りの時間をもった。

Sydney2007_460_1

今回のカンファレンス全体を通して語られたのは、”今が変化のとき”だということ。

写真や動画からも伝わったと思うけど、今回のカンファレンスを主催したヒルソングは、世界的にも成功した教会です。20数年前、50人にも満たない会衆でスタートされたひとつのローカルチャーチが、なぜ売れっ子アーティストがライブで使うような舞台に立てるまでに成長したか?

それは、”常に変化し続ける”ことにカギがあるという。

前に進むためには、常にいまあるものを新しいものに置き換えなかればならない。終わった過去は”過去”。常に次に何が必要なのかを考え行動しなければならない。

ある地点まできて成長がとまってしまうのは、そこで変わることをやめたから。

逆に常に変化し前に進むことを恐れなければ、どんどん新しい波がやってくる。

また、いくら過去にどんなに成功したからといっても、それにしがみついたままでいてはいけない。なぜなら”今”が終わったすぐ次の瞬間から、”次の”シーズンが始まるからなのだ。

未来になにが起こるかはわからないけれど、神様は約束してくれている。私たちは新しい一歩を踏み出すのに恐れる必要なんてないんだ。ただ、神様の示してくれた道しるべにしたがって、自分のペースでいっぽずつ歩めばよいのだ。

-Best is yet to come!!(最高なときはこれからやってくる!)

Sydney2007_566

ここまで読んでくれてありがとう!カンファレンスレポ最後に、今回のカンファレンスでも大活躍してくれたボランティアの皆さんについてふれてみたいと思います。

続きを読む "HILLSONG CONFERENCE DAY:FINAL!!"

| | コメント (0)

HILLSONG CONFERENCE DAY:4

Note: The English translation for this series is coming later!!

カンファレンスも佳境!4日目です!
(過去エントリーはこちらから↓)
HILLSONG CONFERENCE 1日目!
HILLSONG CONFERENCE 2日目!
HILLSONG CONFERENCE 3日目!

カンファレンス中の一日は日本のサラリーマンの一日並(時に、それ以上?!)に長いけど、朝から夜まで魂が祝福されまくる濃くて熱い一日。

今日は、カンファレンスでも大々的にアピールされていた、compassionについて少しお話をしたいと思います。

まず、"compassion (http://www.compassion.com/)"とは、世界的に有名な団体で、貧しい国の子供たちをサポートするミニストリーを行っている。

実は私たちもその団体にスポンサー登録し、月4000円払うことで、ひとりの子供をサポートすることができる。

驚いてしまうのが、その4000円で、そのひとりの子の衣食住をはじめ、教育費までもまかなえてしまうのだ。

また、自分がサポートしているこどもと年に何回か手紙の交換ができたり、毎月のドネーションのほかに誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントという形でエキストラに物を送ったり、ドネーションすることも可能なのだ。

先進国で、ある程度お金を稼いでいる人なら月4000円の出費はさほどきつくないかと思う。日本では、一回の飲み会に使われる金額とほぼ同じだということにも気づく。

その4000円で、尊いこどもの命を守ることができるなんて。お金の重みって、国によってこんなに違うものなのかと痛感させられる。また、私たち一般に暮らしている人の無理のないサポートで、子供の生活を祝福できるなんてすごいと思った。

遠く離れていても、会ったことすらなくても、このような形で私たちは世界のこどもに神様の愛をつたえていくことができるのだ。

この日の夜は、今回のカンファレンスのメイン・ゲストスピーカーであるTD・Jakesが登場した。彼は、テキサスの教会で牧会をしている。そのメッセージは、彼の名前を初めて聞いた人間にさえも強烈な印象を残すくらい、影響力の強いスピーカーなのだ。

説得力と迫力の中にも、ときおり見せるおちゃめな一面がまた強く会衆をひきつけているのだと思う。

ちなみに、どれだけインパクトのある人なのか、映像を少しご紹介↓(リンククリックしてね!)

続きを読む "HILLSONG CONFERENCE DAY:4"

| | コメント (0)

HILLSONG CONFERENCE DAY:3

ヒルソングカンファレンスレポ3日目です!
(過去エントリーはこちらから↓)
HILLSONG CONFERENCE 1日目!
HILLSONG CONFERENCE 2日目!

前回も書いたように、朝9時から始まって夜9時半に終わるカンファレンスの一日。私と数人の女の子は片道1時間半以上かけて会場のあるスタジアムまで通っていたので、朝が日本の生活並み(私にとってもはそれ以上!)に早くて遅い一週間。無駄にだらだらと夜更かししてしまうと日中眠くて仕方がなくなります!短いながらも、集中した睡眠が必要!

カンファレンスの楽しみ方は実に多様。もちろんメインはアリーナで行われるセッションなのだけれど、会場の外にもお楽しみはたっくさん!正直、うまく計画して回らないと回りきれません!

メイン会場のエントランスを一歩はいると、EXPOと呼ばれる特設展示場がずらり。そこには今回カンファレンスでゲストとして招かれているスピーカーやアーティストの著書やCDをはじめ、ヒルソングチームの著書やCD、グッズが売られている。

Sydney2007_395

Sydney2007_394

また、他には、オーストラリアの有名クリスチャンストア”Koorong(クーロン)”の出張販売や、ヒルソングカレッジのインフォメーションセンター、など、エントランスでも一日つぶせてしまうのではないかというくらいの充実した会場!

また少しおくに入ると有料でインターネットが使えるブース(15分で$3=いまのレートで¥300!)、カフェやハンバーガーショップが立ち並ぶのだけれど、チープな旅行を希望する人にはあまりおすすめではないな。。。カフェでがっつりランチしようものなら平均$15するし、ハンバーガーとドリンクセットも$10するから!

ちなみに私たちはお金の節約のため、毎日お弁当を作って持っていってたよ!

ランチ時間になると人もかなりバラけてくるので、食べる場所には意外と困らない。私は正直座れればどこでもOKな人なので、アリーナの外にあるタワーの石のでっぱりに座って食べたり、いすを持ってきて食べたりした。

近くにおっきな公園もあるからそこでピクニック気分でランチするのもいいと思うよ!

Sydney2007_531

Sydney2007_539
周辺はいたって平和で、ぽかぽか日差しのあたる昼下がりのオリンピックパークは最高です☆

前回も書いたとおり、午後からは”エレクティブ”といって、おのおのの興味、ビジョンにしたがって分かれるいわゆる”分科会”というものがあり、ほとんどがメインアリーナから外に出たほかの会場にて行われます。会場の雰囲気もがらりと変わるのでまた一味違ったカンファレンスを楽しむことができます!

私がとったエレクティブ”プロダクション(音響)”ではこの日『チームビルディング』についてのお話だったのですが、音響の分野以外でもためになるとおもうのでここにシェアします!

ここで語ってくれたのはDarren Kitto(ダレン・キトー)といって、ヒルソングのパスターのひとり。実は日本にも来日したことがあって、JLHの何人かとは顔見知りなのです。個人的に話しているときは、不思議な日本語を操るおちゃめなおじさん(笑!)って感じの人なのだけど、メッセージはものすごくすばらしいし、実はかなりの大物なのです!

どれくらい大物かというと、ヒルソングのすべての枝礼拝の統括リーダーなのだ。(ちなみに、ヒルソングにはメインチャーチのHills と Cityを筆頭に、20近くもの枝礼拝・エクステンションサービスが行われている。そのうちのひとつがチャッツウッドにある日本語礼拝なのだ!)

続きを読む "HILLSONG CONFERENCE DAY:3"

| | コメント (1)

HILLSONG CONFERENCE DAY:2

カンファレンス2日目!
(過去エントリーはこちらから↓)
HILLSONG CONFERENCE 1日目!

この日から朝のセッションがスタート!9時になると、いきなりノリノリなワーシップミュージックから幕を開けます!

Sydney2007_474
目が覚める!

この日の朝のセッションは、一番下のアリーナ席に座ることができました!スタンド席とはまったく違った迫力があってワーシップがとても気持ちよかった!ただ、周りの人がみんな背が高くて前がよく見れなかったのが残念だったけど・・!

セッションは1時間半で終わり、30分の休憩をはさんだあと2回目のセッションが始まる。これは”Combined Stream Session”と呼ばれてヒルソングチームとゲストの合同セッションでとてもおもしろい。この日はクリス・トムリンが登場!初めてライブで聴く彼の歌にこころ震える!!

Sydney2007_482

12時半に午前の部が終わって、午後はエレクティブ(分科会)。自分の興味にあった分野を短時間で集中して学べるこれまた内容の濃い時間。牧師やリーダー向けのコースや、ワーシップチームやクリエイティブアートと呼ばれるコース、の大きく3つに分かれている。それぞれがさらに細かく分野わけされていて、教会に関わるほとんどのエリアを制覇していたのではないかというほど!

私が選択したのはプロダクション(音響)コース!ヒルソングチームで先端を行っているリーダーたちから、チャーチで音響をやっていく上でのヒントや、チームをビルディングの方法を4日間かけてきくすばらしい機会でした!

このエレクティブでは、ヒルソングジャパニース(ジャパサ)に通っているTJに付き添ってもらい、講義中の通訳をやってもらったり、ヒルソングのリーダーの方々を紹介してもらいました!緊張しちゃってなにはなしていいんだかわからなくなってしまったけど、うれしかった!

エレクティブが終わってからは、お昼を食べながらTJと音響についての話をしてとてもいい時間を過ごすことができました。サウンドシステムのことがわかってて、自分の言葉が通じて、クリスチャンの人と話せたのは本当に貴重な時間だった!

カンファレンスの長い一日はほんとにあっという間!気がつけば、夜の4時半のセッションがもうすぐ始まるのです!長い行列にならんで会場入りしたら、よい席をとるためにひたすらダッシュ!

ちなみに自分がこの日楽しみにしていたのは7時半のルイ・ギグリオのメッセージ!

続きを読む "HILLSONG CONFERENCE DAY:2"

| | コメント (5)

HILLSONG CONFERENCE DAY:1

お待たせしました!ヒルソングカンファレンスレポートです!

このカンファレンスは毎年7月に一週間かけて行われる大きなイベントで、世界中から3~4万人もの人が集まるといわれています。

会場は、オリンピックでおなじみの、Acer Arena!

Sydney2007_377

メッセージ、ワーシップも、ヒルソングおなじみのチームやパスターに加え世界中から集められたすばらしいメッセンジャーやミュージシャンがそろいます。

ちなみに今年のゲストは、5月に日本に来日したばかりのルイ・ギグリオやアメリカで2万5000人教会で牧会しているTD Jakesをはじめ、パワフルで熱いメッセンジャーばかり!

またクリスチャンアーティストとして世界的に有名なクリス・トムリン(How Great Is Our Godの作者でもあるよ!)や、去年JLHのバースデーで歌った”Not Forgotten”の作者、イズラエル・ヒュートンなど豪華顔ぶれがそろっていました!また、サプライズゲストでオーストラリアン・アイドルのガイ・セバスチャンも何曲か披露してくれたよ!

Sydney2007_416
会場にいっぱいの人!世界中からクリスチャンが集まっていた!

セッションは朝9時からスタートし、夜9時半に終わるというなかなかハードなスケジュール!もちろんいくつかのセッションに分かれていて、1日ぶっ続けというわけではないけれど、適度に休憩と睡眠をとっていかないと終わるころにはふらふら・・・

それでは5日間の様子をレポートしていきまーす!

続きを読む "HILLSONG CONFERENCE DAY:1"

| | コメント (0)