FROM THE LORD, FROM THE BIBLE

FUTURE, HOPE, NO EVIL

日曜日、東京では今年3回目の雪が降りました!
On Sunday, it snowed in Tokyo!!! We had snow twice only in this year!!!

ほんの数センチだけれど、積もって次の日まで残っていたんです!東京では雪自体あまり降らないから、これは珍しい!
Snow has fallen and stayed on the ground til next day (although it was just a little). It's really rare in Tokyo.

ハウスメイトの女の子たちはみんな雪のないところで育ったから、嬉しくて仕方がなかったみたい!はしゃいでる姿がとってもほほえましかった(^^)
My housemates were pretty happy seeing snow!!! For they are grown up in the country where don't have snow. I liked to see them having fun with snow!!!

ただ、ものすんごく寒かったけどね・・ It was freezing through.......

でも!チャーチの中は寒さ知らず!!雪の寒さを忘れさせるくらいにあつかった!
However, inside church was HOT!!! I was almost forgetting that it was snowing!!!!

4時半の礼拝では、大和カルバリーチャペルのユースリーダーたち総勢40名が来てくれました!!
At 4:30 service 40 youth leaders from Yamato Calvary Chapel visited us!

Service4_5
Photo from Izumi's blog

チャーチの中は・・・超満員!いすが足りないんじゃないか・・・ってくらいにたくさんの人がきていた!
Church was PACKED!!!! We need more chairs...or bigger place!!!

ワーシップもすごく盛り上がった! Worship time was HOT too!!!

Worship17_3
Photo from Izumi's blog

たくさんの若者が、元気に、楽しそうに神様を賛美している姿をみてたら・・・・・・感動のあまり、涙がでてきた!!!!
As I was watching the hundreds of youth worshipping God with ful of joy.....I was touched and tear has dropped down!!!

ホールは、いつも以上に神様の力であふれていた。
Church was filled with God's presense more than ever.

そのとき、神様にこう語られた。 Then God spoke to me.

『喜びなさい、わたしがここにいるんだから。恐れないでいいんだよ。私はここから離れないからね。』

"Rejoice, for I am here. Don't be afraid, for I am with you."

困難な状況にいるときほど、何に喜べばよいかわからなくなってくる。いまの私に一体何があるの?神様っ!!!ってずっと叫んでいた。
I have been seeking for what I have given in the difficult situation.

そしてあらためて気がつかされたんだ。And I realized,

”私には、一番必要な、神様がいるじゃんか!ってね。

”'I've already got my God whom I really need!!!!'

エレミヤ29:11でもいっているように、神様が私たちにもたらしてくれるのはよい知らせ。希望に満ち溢れていて、明るい未来が私たちを待っている!!
As Jeremiah 29:11 it says, God's bringing us a GOOD plan. It is full of hope and its future is bright!!

『わたしはあなたがたのために立てた計画を知っている-主の御告げ-それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。』

" 'For I know the plans I have for you' declares the Lord, 'plans to give you hope and a future.'"

5341781_90638877

何かネガティブな声が聞こえたら、それは悪魔のささやき。悪魔の約束には希望も、未来もない。災難が多い。自分の心に芽生えてくるネガティブな思いも、悪魔に影響されているもの。
If you hear something negative, it's devil's wispering. There's no future and no hope in devil's promise, but full of evil. Even if something popped into our heads, it's coming from devil.

悪魔の約束=未来は暗い。絶望的で、災難だらけ。

Devil's Promise = NO FUTURE, NO HOPE, FULL OF EVIL

神様の声は、つねにポジティブで、希望に満ち溢れている。そこには光があり、進む道がみえる。繁栄する未来に進む道だ。
However, God's promise is full of hope. There is light, and we can see the way that we walk. Which is the way to the bright future.

神様の約束=未来は明るく、希望に満ち溢れていて、災難などない!

God's Promise = FUTURE, FULL OF HOPE, NO EVIL!!!

だから、神様と悪魔の声を聞き分ける必要がある。
We need to recognize the voice of God and devil.

どんなに困難な状況におかれても、神様は約束してくれている。私たちはそれに立ち向かえる力をすでに備えているって。私たちに乗り越えられない困難などないって。
No mater how difficult to face the reality, God's promised us that we have already got the strength to overcome the difficulity. There's no temptation that we can't avoid. 

『ここから逃げるな。立ち向かいなさい。恐れるな。私が一緒にいるから。』

"DO NOT ESCAPE. Stand on and be strong. Don't afraid, I'm with you."

神様の声に耳を傾けて、フォーカスしよう!悪魔の声なんて、笑ってふきとばしてしまおう!
Listen to God, and focus on Him!!! If you hear devil, let's laugh and blow it away!!

神様のメッセージと愛がいっぱいの、元気がでるメッセージは、こちらから!
Get the messages on your PC!!!

www.jesuslifehouse.tv

| | コメント (0)

DANIEL'S DIET

今日は、聖書に基づいたデトックスの方法を紹介します☆
Today, I'll introduce you the powerful way to detox based on the Bible :)

Daniel's Diet(ダニエルズダイエット) というのですが、これは旧約聖書に出てくる、Daniel(ダニエル)が実際に行った話がもとになっています。なにをするのかというと、10日間、肉や魚や乳製品などを一切食べないで、野菜やナッツやフルーツのみの食事を1日3~5回続けます。
This is called "Daniel's Diet", originated from the book of Daniel in the Old Testiment. What we do is to cut all the meats (beef, pork, chicken etc..) , fishes, and any daily products (such as milk, yogurt, cheese etc..). We can have ONLY vegetables, nuts and fruits 3-5 times a day!

-参考までに:ここでいう”ダイエット”とは、『(栄養面から見た日常の)食事、飲食物、食料』と意味します。
-NOTE: DIET - the food that you eat and drink regularly.

紀元前605年ごろ、バビロンの王ネブカデネザル捕囚として連れてきたユダヤ人の若者の中から、ユダの王族か貴族の出身者数人を選び、カルデヤ人のことばと文学を教えるようにさせました。王はこの若者達に、3年間の訓練期間中、王自身の料理場から最上の食物とぶどう酒をあてがいました。訓練ののち、この若者達を追うの参議官に取り立てようとする特別な計らいだったのです。

Around 605 BC, Babylon's King Nebuchadnezzar, ordered his aide to select from among the slaves, young men of Judah's royalty and nobility to Attend Babylon's top University. All students lived on the palace grounds for 3-year training program and were fed finest meats, delicacies and wines from the king's own kitchen. Students were permitted to indulge in whatever they desired and to consume as much as they desired.

この選ばれた若者の中にダニエルがいました。彼は肉体的、スピリチュアル的に健康でいたかったため、王の支給する食物もぶどう酒も断じて口にしないと決心したのです。彼と3人の友人は野菜と水だけを食べるため許可を申し出ました。

However, Daniel dared to be different. Wanting to be physical and spiritually healthy he chose not to eat these foods. Daniel shared with his three friends, fellow slaves, there was only a wide array of vegetables and clean water.

神様は監督官にダニエルの立場を配慮する心を与えたのですが、それでも恐る恐る彼らにこういいました。

When the Babylonian overseer heard that Daniel and his three friends refused to eat the king's food he went and spoke with them.

『ほかの同輩の若者と比べて、あなたがたの顔が青白く、やせ細ってしまったらどうなるだろう。職務怠慢のかどで、首を切られるかもしれない。』

Saying: "The king has decided what you are to eat and drink, and if you don't look as fit as the other young men, he may kill me."

ダニエルは神様の食事の法則に確信を持っていたので、こう返しました。

Daniel was so sure of his diet and of God's principles for health that he replied,

『ともかく10日間野菜中心の生活をさせてください。その試験期間が終わった段階で、王のごちそうと食べた者達と比較して、野菜中心の食事を継続するかどうかを決めてください。』(ダニエル 1:12-13)

"Please test your servants for 10 days, and let us be given some vegetables to eat and water to drink. Then let our appearance be observed in your presence, and the appearance of the young who are eating the king's choice food: and deal with your servants according to what you see." (Daniel 1:12-13 NASB)

そして、監督官はダニエルと3人の友人が10日間野菜だけの生活を送ることを許可したのです。(14節)

So the overseer agreed to this and tested them for ten days. (v14)

2_jupiter00557

And here's the proof of this diet is declared in the Scriptures below:

さて、10日が過ぎました。ダニエルとその3人の友人は、王のごちそうを食べた者達よりも健康そうで、栄養が十分なように見えます。そこで世話役は、それからも、ごちそうやぶどう酒抜きの、野菜中心の食事をダニエルたちに与えました。
(15-16節)

At the end of the ten days they looked healthier and better nourished than any of the young men who ate royal food. So the guard took away their choice food and the wine they were to drink and gave them vegetables instead.
(v15-16)

そうなんと、ダニエルたちの体のほうがずっと健康的だったのです!

Daniel had proven how powerful a 10-day cleaning diet really was!

2_jupiter01081

この話をもとにして、10日間限定のデトックス方法が考案されました。このことはPhilip Bridgeman著書の本に書かれています。このデトックス方法を現代人の生活の中にも取り入れたところ、なんとデトックス以外に減量効果や、体質改善効果が現れたそうです!
Philip Bridgeman wrote about an effective detox plan for 10 days on his book. His essay says that we can even expect the result for overcoming some health problems (such as hypoglycemia or cancer or other deseases) and for losing weight!!!

1_3407000009

その話を友達から聞いて、自分の生活にも取り入れてみたいと思い実行に移しました。初めてやったときは、少し制限を甘くしてしまいましたが、今回、そしてこれから行うときは完全にルールに従おうと思っています。普段の生活で常にダニエルのような食生活を続けるのは難しいけれど、少しずつ食べるもの、食べ方を改善していきたいと思います。内側から、そして外側も体をキレイにしていきたいので☆
When I heard about this diet, I really wanted to act like this. So I started this (when I did for the first time, I started with my own easy roles..;P But I'm trying the original way this time and next time). I realized that it's really hard to do Daniel's diet in our daily lives, though, I want to continue this because I want to restore my a good acid balance to my body! And make my body clean from inside and outside!

もしこのデトックスについてもっと詳しく知りたかったら、教えてください(^^)
If you want to know more about Daniel's Diet, please talk(or leave a message) me!

ブログを通して神様の愛を伝えたい!応援クリックお願いします(^^) 
Want to share how great is our God! Please click the text below so that will be a big encouragement for me ;) Thank you!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへにほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

| | コメント (1)

FOOT PRINTS

これは少し前にチャーチのアメリカ人の友人からもらった詩です。ものすごく感動したので、シェアします☆英語なので簡単な解釈(自分で訳したので不完全かも)を載せておきますね♪
This is a poem that I was given from my American friend from chuch. He shared this poem to me for he also was touched so much when he read this poem. I'd love to share you the impressive one for you who need to know God's love. Click the Japanese letter below to read it.

(下をクリック↓)

続きを読む "FOOT PRINTS"

| | コメント (0)

The Defenition of "HUMBLE"

今日はこのみことばをシェアします!
Today, I'll share you this scripture below from the Bible!!

ピリピ人への手紙 2:6-8
『キリスト様は神様なのに、神様としての権利を要求したり、それに執着したりはなさいませんでした。かえって、その偉大な力と栄光を捨てて、奴隷の姿をとり、人間と同じになられました。そればかりか、さらに自分を低くし、まさに犯罪人同様、十字架上で死なれたのです。』

Phillipians 2:6-8
"Who, being in very nature God, did not consider equality with God sometimes to be grasped, but made himself nothing, taking the very nature of a servant, being found in appearance as a man, he humbled himself and became obedient to death - even death on a cross!!"

ここからわかるように、イエスさまはものすごく謙虚で、人に自分を神様のように称えるような要求を決してしなかった。むしろ、この方はなんでもできた方なのに、周りの人よりも自分の身分を低くし、罪びとと同じ形で、私たちの罪を背負って死んだのです。
As you can see from this scripture, Jesus is as HUMBLE as never ask people to put him as God, but he made himself in very low position. He died on a cross to carry to take over our sins.

クリスチャンになる前、『謙遜』ってきくと自分の意見をうちに閉じ込めて思ってることをはっきり伝えない、言いたいことがあっても言わない、的なよくないイメージをもっていた。日本のよくないカルチャー”人がどう思うかが気になる”にものすごく影響されていたのです。
Before I became a Christian, my defenitions of "HUMBLE" was very influenced by old style Japanese culture; people do never say anything what they think or want because they do care about what other people will think.

チャーチに通うようになって、よく『謙遜・謙虚』ってことばをきくようになった。始めは違和感があったけれど、イエスさまがわたしたちにしれくれたことをより理解するようになってから、自分のそれまで持っていた定義って間違ってたんだなと気がつかされた。
After I started going to church every Sundays, I often hear of this word "HUMBLE". Honestly I didn't like this word because of the reason of above. However, as I get to know more about what Jesus have done for us, I realised that my defenision of "HUMBLE" was not collect exactly. And I knew that does really it mean.

同時に、自分はまだまだ自分中心に考えてしまうところがあるから、もっと謙虚になりたい!と思ったのです。
And then, I thought that I want to be humble like as Jesus!! I thought that I didn't want to be selfish any more!!

Sydney2007_611

クリスチャンになって1年と8ヶ月。”謙虚”でいること、まだまだ自分への課題です!!
I'm 1year and 8months old as a Christian now. I'm still in challenge!!

| | コメント (3)

かなしいとき When you are sad..

このブログを読んでくれている全ての方にへ。
For all of people who read this blog;

悲しくなったとき、どうぞこのことばを思い出してください。
If you got sad, please remember the scripture below;

わたしのたましいよ、どうしてそんな憂鬱そうな顔をして、ふさぎこむのか。
神様に何もかもお任せしなさい。きっとそのうち、すばらしい助けの手が差し伸べられ、感謝の思いに満たされるに決まっている。
神様はきっとまた、私の顔をほころばせてくれる。神様は私を決してお見捨てにはなったりはしない。
(詩篇43:5)

Why are you downcast, O my soul?
Why so disturbed within me?
Put your hope in God, for I will yet praise him,
my Saviour and my God.
(Psalm 43:5)

| | コメント (0)

Warning

昨日(土曜日)はこんな夢をみました。
I saw this kind of dream last night(Saturday moring).

そのときわたしは、いまより成長したジーザスライフハウスにいました。場所もいまよりも大きな場所に移っていて、音響機材も映像機材もライトもいまよりもよいものを使っていました。
In that dream, I was in the future Jesus Lifehouse church. The church has moved at the bigger venue than the present one, and we were using the better equipment.

たぶんそこは一回で300~500人は入るような場所。朝一番の礼拝からほぼ満員。
I guess that venue can have 300~500 audience at a one time. It's already packked from the morning service.

そこでわたしはサウンドオペレートをしていました。
I was doing sound there.

その日、セットアップには特に問題がなかったはずなのに、リハーサルにも十分に時間を費やせたはずなのに、なぜだか終始ものすごく落ち着きがありませんでした。
And I was pretty nervous from the beginning to the end although we had no problems during setup and rehearsal...

アシストしてくれていたほかのチームメンバーの子にも、冷たく・・とまではいかないけれどあまりよい対応をとってあげられなかったのです。
I was so sorry for I wasn't being nice to the team...

わたしのことを気にかけて声をかけてくれた友達にも、そっけない対応。申し訳ないな、とはわかっていても、それが精一杯でした。
and even for the friends who were worried about me...

ワーシップのミックスも、なんだかいまいちのでき・・イライラはしていなかったけれど、でもなんだかすっきりしない終わり方でした。
The mixing was not good for my ears... I wasn't getting tempered, felt just not good.

ワーシップが終わった瞬間に目が覚めました。そして鮮明に残っている記憶から、神様がわたしにこう語りかけてきました。
And I woke up. It's rare to remember what I saw in dream clealy. I heard that God really spoke to me through the dream..

続きを読む "Warning"

| | コメント (2)

Love Letter from God(English Version)

日本語バージョンが読みたい人は、ココ をクリック!!

Here's a letter from God.

Let's open and read it!!
(Click the link below to read)

続きを読む "Love Letter from God(English Version)"

| | コメント (0)

Love Letter from God(Japanese Version)

If you want to read English version, Click HERE !!

あなたに、ラブレターが届いています。

ぜひあけて、読んでみてください。

(リンクをクリックしてね。)

続きを読む "Love Letter from God(Japanese Version)"

| | コメント (0)

Break the rock!(English Version)

◆This is the entry which I've already wrote in Japanese last week.
If you want to see the Japanese version,
CLICK HERE!!
先週の記事の英語バージョンです!日本語バージョンを読むには
コチラから!

I'm going to share about what I was inspired from the bible verse last week!!

At the moment, I'm reading "GENESIS" in bible as a daily bible reading, plus I read the book of  "PROVERBS" in old testiment!

The reason was my new Life Group leader, K told me including her experience, "Proverbs is really good to read for our dailylife study as it is called 'the book of wisdom' !!!!" with passion!!

So I felt like "I wanna read it more too!!" and opened my bible and started reading from the verse which K introduced me.

Then, I found this verse;


Pride goes before destrucion, a haughtly sprit before a fall.
(Proverbs 16:18)


When I read this scripture, I felt it was me! Because I used to be a very proud(in a not good way) and cheeky person!!

Acutually, it was the story before I got to know Jesus... I was a kind of perfectionist, and I didn't like to lose. I was always trying to fill my desire with putting myself forward. I was thinking that people would never recognize me unless I got more skill of knowledge than them.

I used to remark sarcasm to people and I was still thinking I was "kind" to tell people honestly.

However, after I became a christian, I realised that how meanless having pride for myself.


And I realized that God doesn't hope us to be selfish....

I did have no idea why people don't gather at me before.... now I know that's because I was making a barrier to shut the people off! I could never believe in people. And I didn't want to be crosser to them because I didn't want to be hart.

As I build a good relationship with my family in Christ, I got to know why I was feeling lonely; I was always trying to be alone on purpose!


Now I have a lot of great brothers and sisters in christ. They receive all of me with God's love. So that I don't need to protect myself wearing weapons. I don't need to have pride but I can relax and be myself.
God loves us all even we all got different generation, occupations, nationalities.

Now I don't have a desire to put myself higher, keep my pride, attack people to protect myself anymore. God and His family love me and receive all of me and I'm full-filled so much!

| | コメント (0)

岩を打ち砕け!(Japanese Version)

◆For English readers: the English version for this entry is coming soon!!!
(Please wait for next post!! Thank you!)

いよいよ日曜日のイースターはあすぐそこにせまってます!

83_3


89_3

↑クリックすると大きな画像がみれるよーー!

今週聖書を読んでいてとても勉強になった箇所があるのでシェアするね!!

いま聖書通読では創世記という箇所を読んでるんだけど、それとはまた別に箴言という箇所も読んでいたんだ!

きっかけは新LGのリーダー、Kちゃんが『箴言は知恵の書といわれてるだけあって、普段生活を送る上で学ぶことが本当にたくさんつまってる!』って、彼女の実体験を交えて熱く語ってくれたからなのだ!

そこでわたしもね、Kちゃんが響いた箇所を教えてもらって家で読み返しながら、ほかの箇所もよんでみた。

そしたら、こんな箇所が目にとまった!



プライドが高すぎると身を滅ぼし、生意気なことをばかりしていると失敗します。
(リビングバイブル 16:14)

これを読んだら、ぐさりと心に刺されたような感覚を覚えてね・・なんでかっていうと、もともと私ものすごくプライドが高いし、なまいきな人間だったから!!


神様に出会う前の話なんだけどね。。もともと負けず嫌いで完璧主義者だったし、とことんやらないと気がすまない!自分の満足を人の上に立たせることで満たしてた。なぜなら、自分が人よりも上にいないと回りは自分のこと認めてくれないと思ってたから!

だからね、今みたいに人前でおもしろい発言したりおかしいことして笑いをとるなんて絶対できなかったの!なぜなら、人に笑われるのが大っ嫌いだったから!!!!笑われてると、その人から見下されてバカにされてるような気がしてたから。

クールを履き違えて周りにたいしてあたかも生意気で嫌味な発言もしてたし。

でもね、クリスチャンになって、自分のために持つプライドってなんて無意味なんだろう・・そう気がついた。

自分をありのままに見せないで、自分が一番でいたいから威張りちらして・・それって神様の望んでることじゃあないじゃない?

周りに人が寄ってこないのも、自分から人をよせつけないオーラを出しているからじゃない・・って。人を信用しきれないのも、人を信用したくないっていう変なプライドがじゃましてたからじゃない?

クリスチャンとしてたくさんの神様の家族と健全な人間関係を築いていく中で、いかに自分の余計な感情が自分の首をしめていたことに気付くことができたの。

そして、余計なプライドで自分の身を固めて、生意気なこと言って相手を攻撃しなくても、ここに私のことなんでも理解してくれる神様がいて、その神様が与えてくれた最愛の友達がいる。。神様は私たちがみんな歳や身分や国籍が違っても、全ての人々を”平等に”愛してくれている。

自分に無理な背伸びをさせて、”プライド”をもつことでそれを守ったり、人を攻撃するような発言をしたりして自分の身を守る必要なんてないんだ。なぜなら、神様と神様の与えてくれた家族はありのままの自分を受け止めてくれるから。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧