« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

だからわたしはあきらめない

(English version is coming soon!!!!)

みんなはろー!げんき?

今日は、最近シェアしたいと思っていたことを書きます!実はこれ、ちょうど1年位前にも書いていたんだけど、そのときの話を織り交ぜながら自分の証としてシェアします!

**********************

私は毎週、ジーザスライフハウスというインターナショナルチャーチで音響の奉仕を毎週しています!

音響とは、バンドの演奏する音楽や、プラットホームでしゃべる人たちの声を最高の音でみんなに届ける役割のこと!目立たないけど、超・重要な役割です!!

ワーシップチームで音響やってはや2年、うれしいことに、いまやチャーチでは 音響やってるRIE といえばほとんどの人がわたしだとわかってくれるまでになりました。

チャーチで音響できることが本当に嬉しい!ものすごいよろこびなんです!!もっともっと極めたいと思っています!

このチャーチに来る前から、プロになるためにずっと音響を勉強してましたが、音響をやることの真の喜びを知ったのは、このチャーチに来てからでした。

実はチャーチに来る前、一度大きな挫折をして、音響を諦めようと思っていました

そもそも私が初めて音響をやりたいと思ったのは、高校2年生のときでした。

プロになる決心をしたときから、東京に来るため、音響を学ぶためだけに準備をしてきました。

高校卒業してからは上京資金と学校の初期費用を稼ぐために、仕事をかけもちして週6日、朝の9時から夜中まで働き続けました。毎日帰宅時間は夜中の3時か4時、平均睡眠時間は3時間でした。

当時神様を知らなかった私は身も心もボロボロになりながらも、プロになる!という夢だけを支えに働き続けました。

そして2003年の冬、ついに上京することができました。

音響の学校を卒業するために、週5日、2年間通いました。生活するためにフルタイムで仕事もして、平均睡眠時間3時間の中通い続けました。

しかし、先生や実際のプロの人たちからの希望のない言葉を聞くたびに、自分が本当にこの世界に入りたいのか、そもそもなんでこの世界を目指したいのかを考えるようになりました。

その結果、プロの世界を目指すのをやめようと思ったのです。

当時、それまで自分がやってきたこと全てが無駄に思えて自分の人生なんだったんだろう・・・と考えては落ち込む毎日でした。

完全に自分に自信をなくしていました

私に残るものなんて何もなくて、この先どうしてよいかもわからなくなってしまいました。

以前から、将来は海外で生活したいと思っていたので、まずは海外の大学に行こうと思うようになりました。

そんな最中、ジーザスライフハウスに導かれたのです。

たしかに自分は音響をやることを諦めかけていたのに、気がついたら自然とサウンドデスクに足が向かい、『ここで音響を手伝わせてほしい』とお願いしていたのです。

そしてそのことを言い出す瞬間、不思議なくらいにワクワクしていたのをいまでも覚えています。

しかし、正直その後はチャレンジの連続でした。

私がそれまで叩き込まれてきた『あたりまえ』が、ここでは全く通用しなかったのです。機材の使い方はおろか、マイクやケーブルの扱い方さえ知らなかったのです。

いつも、いつ機材が壊れてしまうかドキドキしていました。

それでもこのチャーチで音響をやることにすごい平安を感じていました。

なにより嬉しかったのが、毎週誰かしらが『今日も(音響やってくれて)ありがとう!』っていってくれていたことです。

人目につかない仕事なのに、見てくれている人がいるんだ・・・・たとえその人が音に詳しくなくても、自分の働きを喜んでくれるんだ。プラットホームに立つ人たちですら自分の働きに『よくやった』っていってくれるんだ・・

このチャーチの人たちは、裏方のことも大切に思ってくれているんだな、そう思いました。

のちに、その目線が神様の目線だっていうことに気がついたんだよね。

感謝なことに、自分のほんのちょっとの知識と経験が当時のチャーチで大いに用いられて、雑用からオペレートまで、どんどんと任せてもらえるチャンスが増えた。しかも、当時から勉強していた英語が生かされて、チームミーティングで通訳するチャンスも与えられた。

留学するまでのほんのしばらくの間だけ・・と思ってきていたのに、気がついたら自分はこの場所に”必要な”存在になっていた。

まるで神様は私に”日本にとどまりなさい”、って言ってるかのようだった。

それでも留学したい気持ちが捨てられない自分に、ある日神様はこう私に語ってくれたんだ。

『いま自分がいるべき場所がわかってるんでしょ?だったら逃げないで、ここにいなよ。』

ってね。

それまで、自分の居場所は日本にはないって思っていた。神様が、主の兄弟姉妹が、私のことを必要だって思ってくれているのが嬉しかった。

でも、一度挫折を味わった分野、もう一度極める努力ができるだろうか・・・・もう学校にはいないし、周りもプロではないし・・・・・そう思った。

そしたら、神様にもっかい言われたんだよね。

『逃げるな!』ってね。

『これは私があなたに与える仕事です。私の言葉を世界中に広げるために、働きなさい。』ってね。

その瞬間、わかったんだよね。音響をやることの真の目的を。

この2年の間に、サウンドチームはたくさん祝福され、素晴らしいチームメンバーにも恵まれました。私が入った当初のサウンドチームと大きく変わったところは、ひとりひとりが音響のミニストリーに誇りを持っていて、楽しんでいることです。去年の2月からチームリーダーとして任命されてから、さらにたくさんのチャレンジがありましたが、大変な中にもいつも喜びがありました。

再び、音響を極めるために日々勉強しています。それは、神様の栄光を伝えるため。自分の与えられた武器をもっと磨き、この日本で神様にもっと用いてもらうため。

だからわたしは、もうあきらめません。

| | コメント (1)

プロ意識

新しい仕事の研修が始まって、一週間がたちました!

感想は・・・・内容が充実しすぎてて、あっというま!!!

今は主に座学で、業務に必要な基礎知識の勉強をしています。仕事柄どうしても外せないのが、法律の知識。

労働基準法とか、派遣法とか。聞くからに難しそうでしょ?

この一週間だけでも法律専門の講義が2日半あったんだ。その他の講義も、法律と関連してくる内容がとても多かった。

それだけ私たちは法律について深く理解しておく必要があるの。私たちの知識不足は担当するクライアントやスタッフさんたちに被害を及ぼすからね。

たとえ新人であっても、配属されて外に出て行けば会社の代表のひとりになるんだよね。仕事をしている人間はその分野の『プロ』であるべきだから、常に相手が最高に満足できる状態を考えているべきなんだよね。

プロ意識を持って働くにはまずその分野の知識を深めなければいけない。しかも、新しい情報はどんどんと入ってくるから、常に勉強し続ける姿勢が大切。

これって実は、仕事だけじゃなくてどんなことをするにもいえると思う。もちろん、チャーチで仕えることにも当てはまると思う。

私なりに考えているプロとは、常に最高のものを提供して、相手を満足させることのできるひとのこと。

だからチャーチで仕えているときもいつも”プロ意識”を持ってやっている。

初めて来た人に、またいつも来てくれている人に最高の音を届けたいからいつも最善の努力を尽くす。常に、もっとよいものを作り上げるにはどうすればいいかを考えてる。

神様にはいつも最高のものを捧げたいから、自分の持ってる最大限の力を使って働く。

私たちひとりひとりに与えられた役割を、正しい目的と常に高いプロ意識を持ってやっていたら、チャーチも、会社も、世の中のどの部分も成長すると思う!

| | コメント (0)

ALPHA COURSE: WEEK 4

毎週木曜日はアルファコースがあります! We have Alpha on every Thursday night!!!

Alpha20course

アルファコースとは、キリスト教入門のためのコースです。リラックスした雰囲気の中でみんなで一緒にごはんを食べながら話をきいて、グループで話し合います。
Alpha is an opportunity for anyone to explore the Christian faith in easy-to understand and relaxed manner. We have dinner together and listen to the message and discuss in groups.

Winter2008week4_0302

先週から新しいことを始めました。。。。それは
From last week we started new thing, which is.................

ワーシップ! Worship time!!!!

Winter2008week4_0132_2

ワーシップとは、神様を賛美することです。私たちは毎週チャーチで歌を歌って神様を元気欲賛美しています。このたびアルファでもぜひやろうということになって、トークの前に1曲歌うことにしました!
We worship the Lord singing songs. We decided to sing 1 song before the alpha talk starts.

先週歌ったのは、チャーチでもおなじみ、"Salvation Is Here"
We sang "Salvation Is Here", often singing at church.

普段フルバンドで聞きなれている曲も、ギター1本になるとまた雰囲気が変わります!これがまた、味があっていいんだな~~

ちなみにこの日のごはんは、ALPHAのPでもある、Pasta(パスタ)でした☆
By the way that night's dinner was PASTA :) (ALPHA's P is taken from Pasta.)

Winter2008week4_0682

Winter2008week4_0562

Winter2008week4_0642

Winter2008week4_066

前回のアルファでもそうだったんだけど、そろそろみんながなじみ始めて、距離が近くなってくるんです。毎週共にごはんを食べ、学ぶので特別な絆ができていきます。
As we more spend time together, more we get to know each other. I see people getting confortable and building special relationship week by week.

ディスカッションのグループでも、はじめの頃よりは打ち解けている感じ♪
Even in discussion group, they get more confotable as well :)

Winter2008week4_0502

Winter2008week4_0482

ちなみに肝心のトークの内容ですが、以下のリンクに要約が載っているので興味のある人はぜひ見てみてね♪
If you want to read the summary for the session, please click the link below!!!

Winter2008week4_0282
先週のトークはヒロさんでした! Last week's speaker was Hiro!!

神に祈るとは? Why and how do I pray?

聖書を読むには? Why and how should I read the Bible?

Winter2008week4_060

| | コメント (0)

勤務初日!THE FIRST DAY AT NEW WORK

I'll write only in Japanese coz I don't have time ;( Sorry!!!

今日はいよいよ新しい仕事の初日です!

前回のエントリーにも書いたけど、私が始める仕事は、派遣会社での営業!要は、会社に登録しているスタッフさんに仕事を紹介したり、派遣先で勤務しているスタッフさんのフォローアップをする仕事です。

つまり一口に”営業”といっても、ものを売るわけではないのです。

ひとりひとりの人と長く深く関わっていく仕事。。。とにかく、高いコミュニケーションスキルが要求されます!!

もし音響の仕事でないなら、人とつながりがもてて、その人たちの直接的な助けになるような仕事がしたい、そう思っていました。職種はぶっちゃけ、こだわっていませんでした。

この仕事を始めることで、あきらめなければいけないことがたくさんある。残念な気持ちもあるけど、それ以上にわくわくしている気持ちのほうが強い。

なぜなら神様がこの仕事にものすごいプランを用意してくれているということを感じるから!!!

こういった仕事ではたくさんの人との出会いがあるので、その分神様のことを伝えるチャンスも多くやってくる。

つまり、仕事のチャンスが伝道のチャンスにもなりうるんだ!

まぁ、仕事上の付き合いなので最初っから思いっきり、『イエス様はね・・!』なんて語りだせないけど。。

自分の態度と行動をもって、神様の愛を伝えることは十分可能だと思ってる!!

仕事を通してミニストリーするくらいの気持ちでいるんだ!

それに土日は完全オフだから、チャーチにいけるし音響のミニストリーも問題なく続けることができる!!!!

本当たのしみ!!!!

この仕事でこの先思いっきりやっていくためにも、まずは一ヶ月の研修、がんばります

Feb_pics_0114_3
お花つけてみました

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »