« うけとめる | トップページ | リバイバル Revival »

『親分はイエス様』 "Jesus is My Boss"

みんなぁーーーー!私はいま、ものすごい証をみたよーー!
Hey folks!! I just saw a AWESOME testimony on TV!!!


これはたまたまテレビをつけていたときに流れてきた予告を見て知ったのだけど、
それを耳にした瞬間ものすごい衝撃が走った。
I knew this TV program just by chance because I saw a preview, and it shot a strong impact!


これを見た瞬間、言葉にならない感動が胸にこみ上げてきて、
大きな声で「アーメン!」と叫んでしまった。
At the moment, I felt a impression which cannot discribe as a word in my throat,
but I shouted "Amen"!


深夜番組だったからどれだけの人がこの特集を見ていたかはわからないけれど、
見た人にはものすごいインパクトを与えたことだろうと思う。
I have no idea that how many people were watching the TVprogram(because it was too late),
but I'm sure that it gave a HUGE impact to people who saw.

しかも、これがテレビという超影響力のあるメディアだから、
ノンクリスチャンの人たちへの力強いメッセージになったと思う。
And also I'm sure that it became a super strong message especially for non christians
(yeah TV is a media that has a strong influence)


これは特に日本人の人にものすごい勇気を与えるお話だと思うので、
ぜひ紹介したいと思いますっ!
So for the people who missed... I'd like to introduce the story which is impactly impressed!!!
(I guess that this gonna be a big courage especially for Japanese people.)

Click the text bellow.

みんなは、TBS系列で放送されているR30という番組を知っているだろうか?
Does anyone know the TV program called "R30" producted by TBS?

これは主に30代の人々にスポットを当てた、情報バラエティ。
This is a kind of variety show especially targeted on the 30s.


“信頼できる人が持っている情報にこそ価値がある”をキャッチフレーズに、テレビからの一方的な押し付け情報ではなく、視聴者に納得してもらえる情報を発信していこうというコンセプトの番組。1時間弱の番組なのだが、この中で特集されてるコーナー、『俺たちに明日はある』ではアンダーグラウンドな世界を生きてきた人々がいかにしてその人生を変えられたかを紹介していく。今回がその第一回目だったようで、その記念すべき回にこの人が紹介されていた。

The theme is "The true value for the information is in a person who is really reliable" This program tries to send some infulential informations get audience's satisfaction more than giving the productor's ego. It's about less than 1hour program, and they have a interesting topic which is named "We still have tomorrow": it introduces someone who have lived in behind scenes and how they changed their life each times. This time is the very first time and THIS person was intrduced.....

そのひととは。。。
The person is...

Suzukia_2

シロアムキリスト教会主任牧師、鈴木啓之牧師。
Siloam Christ Church Senior Pastor,  Ps. Hiroyuki Suzuki. 


http://www.siloamchristchurch.jp/ 


ちょっと写真がみにくいのだけれど、一見とても穏やかな感じの牧師先生。しかし彼にはまぎれもない事実がある。その事実とは。。。

Sorry the picture is not sharp. You see him so nice on his appearance. But he got a obvious truth. It is......

Aisarete_1
体いっぱいの刺青・・・そう、鈴木牧師は元ヤクザ
Big tatoo on his body....yes, he used to be a YAKUZA!
(is a Japanese classic styled gang)



今回特集では、彼がどのようにして極道の道から伝道者になったかという証が紹介された。
This time they he shared us that how his life got changed and became a preacher on TV.




鈴木先生は十代の頃から極道の道へ進み、ありとあらゆる悪の限りを尽くしてきた。その後自ら招いた過ちから同じ組織の仲間を含め数千人から命を狙われ、生まれ故郷大阪から東京への逃亡生活を過ごすことになる。

Ps.Suzuki became a YAKUZA in his teenage years, and did everything wrong(tabbaco, drug, thief, fight etc..). Several years later, had to escape from his gang connections because he did something wrong. Thousands of other yakuza including his organization sight on his life, so that he couldn't stay in his home, Osaka and reached to Tokyo.


ヤクザとして生きる人生には何も怖いものはなかった。研ぎ澄まされた博打のセンスによって一晩で1億もの金を稼ぎ出し、月の飲み代に700~800万をつぎ込む生活。全ては順調だった。

Life as being YAKUZA was quite nice time for him before. He was scared of nothing. He won a billion of money in a night and used 7-8millions for alcohol. Everything was just smooth.


しかし、一転して命を狙われ追われる生活、歌舞伎町での逃亡生活は地獄そのものだった。大阪時代と一転しての貧乏生活。ただ威勢のよかった自分が今はなにもできない。ただおびえて逃げて隠れているだけ。そんな自分をごまかすためにまた酒を飲み、薬物に走る。気がつけば逃げるときに一緒に連れてきた愛人もいなくなってしまった。

However, the life in Kabukicyo as a fugitive was just like HELL.He had to hide and espepe, or be killed. Poor life againist when he was in Osaka. He used to be so spirited but not anymore. All he could do was just run away and hide from the people. He refused to see the truth, and stay being alcoholic, taking drugs. When he realized, he lost everything, even his another woman who took when he escape from Osaka.


親も兄弟もいない、唯一の家族の妻子ですら捨ててきた。帰れる場所もない天涯孤独の身。寂しくて仕方がなかった。

He was quite alone; left his only family, wife and child in his house without any contacts, no places to back because he couldn't be. It was too sad for him.


自分が背負っているもの。極道の道を生きてきたという過去。2度の刑務所生活、体いっぱいの刺青と短くなった指。手に職もなければ学歴もない。やり直したいと思ってもそう簡単にやり直せるほど人生は甘くない。生きていく希望も見えなくなっていった。

What he carries; tha past living as a YAKUZA, 2-times experience in jail, tatoo which covers his whole body, lost his pinky. He was not educated, and had no skills. It was NOT easy to take his another life, he was loosing his hope to live.


死にたいと思っても、死ぬ勇気もない。ピストルをこめかみに当てては引き金を引けないでいる自分の弱さになだれ込んでいた。

Even he wants to die, couldn't make it. He tried to shot himself but had no guts to pull the trigger on....


そして心身ともに朽ち果てながら歩いてる中みつけたのが、歌舞伎町にあった教会だった。

One night he was walking in the town, he found a church.
 

夜中の教会。礼拝場には水商売と思われる女性、ひと目でホームレスとわかる男、そんな彼らの前で説経をしていた一人の牧師。その牧師の言葉のある一説が、鈴木牧師の心を貫いた。

A mid-night church. There was a woman who looks like working in a bar, a guy who is a homeless, and a pastor preaching in front of them. His one scripture from the Bible hit Ps.Suzuki's head...

『私の目にはあなたは高価で尊い。私はあなたを愛している。』
(イザヤ43:4)

-Since you are precious and honoured in my sight,
and because I love you
(Isaiah 43:4)

”お前のようにまじめなを生きてきた人間に俺の何がわかる”そう思った。
しかしその牧師は、続けてこう諭した。

Suzuki just thought at the moment, "How can you understand of me? You don't live a life like me!" The Pastor kept talking for him,


”本当に悪い人は、苦しんだりしない。あなたはただ自分がいま何をやってるかわからなないで生きてきただけで、あなたは本当は悪い人ではないんだよ。十字架を見上げてごらん。自分がいま助けようとしている人たちの手によって、イエス様はあの惨たらしい罰を受けたんだよ。イエス様が犠牲になられたことで、あなたの罪は許されたんだよ。”

"If you were a really bad person, you would never get hurt. You just haven't realized what you are doing yet, you are NOT wicked. Look at the cross. Jesus was crucified for the people who he was going to save. For Jesus cricified and died, your sin was forgiven."




”そうか、この方が私の親分になってくれたら、私はやり直せるかもしれない。”
そう思っていながら心の中でありがとうございましたと叫びながら、泣いていた。

"I see.... If he will become my BOSS, I would be able to start over again"
thinking like this, Suzuki got cried saying "Thank you so much" in his mind.



テレビの向こうで鈴木牧師はこう語った。
Ps Suzuki told on TV,


『あきらめないで。こんな僕でも、もう一回チャンスがあったんだ。誰だって、どこからだって人生はやり直せるんだ』

"Don't give up. You all can start your life again anytime like I had another chance. "



誰にでもチャンスはある、そう語り続けるのが一生の使命だ。その思い一心で、牧師は語り続けている。

Everybody got their chances. This is his mission to tell those who need salvation.

そんな彼にもたったひとつだけ変わらないことがある。自分もいまでもヤクザだという。それは、親分の命令に忠実に生きるそのスタイルが変わっていないから。かつてその親分とは組長だった。しかし、いま、その親分とはイエス様だと、鈴木牧師は語る。

He got totally changed except ONE thing; he still says himself "YAKUZA". It means YAKUZA always follows and never disappoints his boss. He defines that it is the same idea to being a Christian. He used to follow his boss in the organaization. But now, his BOSS IS JESUS he says.



聖書の言葉は親分のことば。この言葉でいままで生かしてもらったから、手放すことができないんだ、鈴木牧師は熱いまなざしで、最後にこう語った。


A word in Bible is a BOSS's word. He could stay alive with his words, so he can never take away...Pastor Suzuki told with a passion at the end.

|

« うけとめる | トップページ | リバイバル Revival »

TESTIMONY 証」カテゴリの記事

コメント

Hey Rie... Thanks for the comment. Your blog looks cool. Thanks for the encouragement about New Generation Live. I`m looking for bands so let me know if you know any that want to play for cheap.

Mike

投稿: Michael | 2007.01.20 11:14

ミッション・バラバ私も大好き~!
りえちゃんには日韓共作の『親分はイエス様』も是非見て欲しい!
私がまだベイビークリスチャンの時新宿の映画館で泣きました!
渡瀬恒彦さんの演技がホントに素晴らしかった!
『回心』っていう本もいいよ♪父親にプレゼントした(笑)
ミッション・バラバに勇気付けられた人はきっと沢山いると思う!
リバイバルがきっと起こるよねっ♪
久しぶりに映画見たくなっちゃった。
昨日の番組も見たかったな><

私は重くてたまにしか覗けないんだけどバラバのサイトだよ~♪
もし見てなかったら覗いてみてね*^^*


http://www.netpal.co.jp/barabbas/

投稿: エバ | 2007.01.21 00:34

Hey Mike! Thanks for visiting my blog! I've just started writing in billingal, so please come again!(still my English is not perfect, though..hehe)
And I'll ask about someone who do music! tell you later!


エバちゃん☆
リンクありがとう!私まだまだ若造クリスチャンだから知らなかったけど、ミッションバラバってちょー有名なんだよね?!
映画もでてるってしって、機会があったらみてみたいなーーって思ってる!DVD化されてないかなあ~~

投稿: Rie | 2007.01.21 04:41

OCCのCLC BOOKSにビデオはあるよ~♪
DVDはあったか分からないんだ><
りえちゃん毎週水曜に行くんだよね?
見てみてね♪(笑)

投稿: エバ | 2007.01.21 21:22

エバちゃんありがとー!
さがしてみるー!

投稿: rie | 2007.01.24 03:28

映画を見ましたがカルトの臭いがするのですが・・・

韓国にはヤクザがいないと劇中にあるのも嘘ですし

何よりヤクザの中枢に韓国系の方や在日の方々が数割いること、組長の多くが韓国、在日系の方である事

覚せい剤を作ってるのは北朝鮮で、輸出港の釜山の事、輸出する釜山の地元ヤクザと漁民の事、日本国内で売りさばく在日の方々の事が一切触れられないのは日本人と日本社会に対する偏見が満ち溢れてると思うのですが、いかがでしょうか?

私の友人も朝鮮半島籍からの帰化人ですが一緒に見ていて同じ印象を持ったようです。(日本の仏教信者の方です)

この映画を見てから信仰にたいして疑問を少なからず持つようになりました、映画内の日本の歴史についての主張もある種の不気味さを覚えたからです、皆さんはどう感じられたでしょうか?

投稿: 主の子 | 2008.06.30 03:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うけとめる | トップページ | リバイバル Revival »